So-net無料ブログ作成
検索選択

世界選手権が終わって・・ [羽生結弦]

世界選手権が終わりました。

ゆづくんが、全てを懸けた選手権。。

思いが多すぎて、一体何から書いたらいいのやら・・



「銅以上のメダルが期待される」・・と普通に言われていた、今大会

ショートは、まさかの9位発進。

b0038294_23401456.jpg

わたし、知らなかったけど、体調不良と、左膝のケガに見舞われていたんだね。。
フリーは、棄権も考えていたほどだったなんて・・・


ショートの結果、大ちゃん4位。

目標は、確実かと思われていた、ソチオリンピック代表枠、3枠死守へと変わった。
その条件は、上位2名の順位の合計が13位以内であること。


「去年は、幸運にとれたメダル。自分の力で勝ち取った気がしない。
 今年は、自分の力で取りに行く。」

そんなことを言っていたよね。

「自分の実力で、表彰台を勝ち取る」・・・それが、羽生くんの今年の目標。
彼は、最後までそれをあきらめていなかったのかもしれない。うん!きっと!


去年と同じ、何か、強い思いをぶつけるような演技。
でも、背負っているものが、去年とは違う。。

彼を一番に突き動かしていたものは何なんだろう?

日本の代表として、恥ずかしくない演技をしたい。
死んでも代表枠3枠を勝ち取る!後はない。

「絶対、上位に食い込んでやる。転ぶもんか!」

2種類の4回転ジャンプを決めた後、
必死にこらえる君を見て、君の意地を見たよ。

うん。滑りきったね!滑りきったよ!

完璧には程遠いかもしれないけど、今季最高の演技だったよ!


君が約束した、「ノートルダム・ド・パリ」の完成型・・・

最初は、はっきり言って、このプログラム、君が何を表現したいのか分からなかった。

その後、この話の内容を知って、男女の愛の葛藤の物語だと知った。
ミュージカルを垣間見て、群舞の激しさに圧倒された。
ボーカル入りの方が、この曲は断然いいと思った。・・・


羽生くんの「ノートルダム」が、とても貧弱に思えた。消化不良・・・?

・・・18才の彼には、表現するのは無理。。一時は、そんな結論に達してしまった。。


だけどね、ニュース番組で知ったの。。彼がこのプログラムにかける思いを。。

o0480028812444296154.png

羽生くんは、この作品のもつ悲しみと明るさを、
震災の悲しみと、復興への願いになぞらえていたんだね。

065.jpg


o0720040412452824549.jpg

悲しく、苦しげな表情は、震災の苦しみ。
そして、やがてほほえむのは、復興の希望のほほえみ。。

去年、「白鳥」に、震災と復興の道筋をなぞらえたように。。

なんだか、わたしの胸にストンと落ちたよ。


そういう目で見たからかなあ。。君のメッセージが、ガンガン届くような感じがした。
この人は、体が壊れてもいいと思いながら、跳んでいるんだなと思った。
今季のすべてを、この4分半に懸けているんだ、と分かった。


o0480028812460382447.png

演技が終わった後の、万感の思いを込めた雄叫び。

そして・・・崩れ落ちたまま、動かない身体。


033.jpg





後から知った。

君が、大きな舞台で滑り切れたことを、氷に感謝していたことを。
ケガで悲鳴を上げながらも、最後まで滑り切らせてくれたことを、膝と足首に感謝していたことを。


その後、まるで甘えん坊の男の子のように、オーサーコーチの元に駆け寄っていったね。
なんてかわいい人なんだろう。

「男の子はネ、泣かない泣かない^^」って抱きしめてあげたかったよ。

オーサーコーチの満足そうな微笑み。
ハビ君も3位だったから、3位、4位と、チームクリケット、よかった、よかった!


本当に、おつかれさまでした!!よくがんばったね!!

どうか、ゆっくり休んで下さい。


o0403040012411904348.jpg

・・・やっぱり、大好きな人には、いつも笑っていてほしい。。
早くケガが治って、いつか心から笑える日が来ますように。。

画像は、お借りしました。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

のも。

>ともちさん、nice!ありがとうございました♪
by のも。 (2013-03-24 10:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。