So-net無料ブログ作成
検索選択

2013-03-24

世界選手権が終わりましたが、
どの選手が好きって、
わたしは、真央ちゃんも鈴木選手も佳菜子ちゃんも、キム・ヨナ選手も、
みんな好きなんです。

・・・が、こともあろうに、エキシビション、録り忘れてました。。。
世界のトップを彩るスケーターたちが登場するエキシビションをですよ!
こんなこと、ありえない~っ!

あんなに大好きなはずのフィギュア・・・



自分にとって、羽生選手がすべてなんだな・・・と思い知りました。。

彼が出ていないと思うだけで、
ケガで治療に専念・・・というだけで、
すべてが色あせて見えてしまう。。。

いかん、いかん!!
一人の選手を偏愛するようでは、
私の理想とするスケオタ道(?)に反します!(笑)

さて、今季、若手のスケーターたちが、大活躍でしたね!
まとめとして、特に心魅かれた選手を紹介したいと思います♪


まずは、デニス・テンくん。
世界選手権、銀メダルの選手です。

130318_2.jpg

四大陸の打ち上げで、羽生くんたちと、おふざけしてる画像が上がっていましたが、
そのときは、まさか、こんなにすごい選手だとは知りませんでした。
普通のやんちゃな男の子・・・って感じで^^(クラスに一人は、いそう・・・)

話題映画、「アーティスト」の曲を使ったプログラムでした。
わたし、こういう旬の素材を使ったのって、好きです^^

デニス君の滑りは、骨太っていうのかなあ。自信に満ち溢れていて、
すごく、勢いを感じさせましたね。

滑り終わった後、しばらく、歓喜に酔いしれていた表情・・
キスクラで、ガッツポーズをして、ものすごく喜んでいたこと。。
わたしは、未だかつて、あんなに激しく喜びを表現した選手を見たことがありません。
本当にうれしかったのでしょうね!

2月の時点では、世界ランク15位(選手名鑑ハンドブック2013)ということですから、
本当に急成長だったのですね。
(去年の羽生くんも、こんな感じだったのかしら?)

カザフスタンという国も、あまりフィギュアでは聞いたことがなかったような・・
どちらかというと、シルクロード勉強をしたときに出てきたような・・
○○ウイグル自治区・・みたいな。

世界史の得意な息子に「もしかして、モンゴルに近い?」と聞いてみると、
「まあ、そうだね・・」と。。
なんだか、デニスくんの顔が、「スーホ」の挿絵の少年と重なって見えました。


さて、次は、ケヴィン・レイノルズくん。カナダの選手です。

img_1122261_37534925_3.jpg
(4大陸で金メダル・・・ハナ、タカダカ~♪)

4大陸のときだったか、「ハリーポッターの映画に出てきそうな・・」って紹介されてて、
なるほど、うまいこというなあ・・と思いました。
なんか、ロンの友達とかにいそうですよねえ^^

Kevin5.jpg

どこが好きかって、
長い手足を生かした、情感あふれる滑りが好きなんです。
特に、フリーのプログラムが好きです。
一つ一つのポーズが、バレエのように洗練されていて。。。

これは、羽生くんの「花になれ」の振り付けもなさった、宮本賢二さんによる振り付けです。
(「愛するアイス」にも出ていましたが、すっごいカッコイイ方だった!)
宮本さんの振り付け、好きだわ~♪

彼も、2月の時点で世界ランク16位・・・すごい急成長!



続いて、ミーシャ・ジー。

a71f6efa34b27086b3541aac45d28a50ff921d13_94_2_9_2.jpg

彼を知ったのは、4大陸のエキシビションです。
かつてのミスター・ドーナツの、アメリカンテイストなイラストを彷彿とさせるルックス。
コミカルで、強烈な「江南スタイル」の演技に、娘と大爆笑してしまいました^^
すっごくサービス精神が旺盛な人なのだとか。。
羽生くんとも仲がいいみたいですね。

彼のことをもっと知りたくて、検索してみたら、
さわやかなシャツスタイルで滑っている、とてもロマンチックなプログラムを見つけました。
とっても、素敵っ♪ ミーシャくん、こういうのもできるのですね!

「ウズベキスタン」・・・って、フィギュアではあまりなじみがないですよね。
いろんな国から、いろいろなカラーをもった選手が出てきているので、
これからとても楽しみです。




さて、最後に、番外編。(もう、引退している人なので・・)
カナダのプロのスケーター、ショーン・ソーヤーです。
選手としては、昨年度のカナダ選手権で
パトリック・チャンに次ぐ、銀メダルの成績をおさめています。

この人を知ったのは、本当に偶然。
「羽生結弦」の名前で、自動的に、アイスショーinなみはやドームのBS番が録画されていて、
すでに、地上波のものを見ていたので、削除しようと思ったのですが、
せっかくだから、念のため見てみると、地上波ではカットされていた演技の数々!

ZzKEk.jpg
その中でも、強烈に私の心をつかんだのが、この人の演技でした。

プログラムは、シルクド・ソレイユの演目「アレグリア」の世界を表現したもの。
個性的なメイクで、見たこともないような倒立の姿勢から、演技は始まりました。

この人は、とにかく体が柔らかい!驚異の柔軟性の持ち主でした。
見た眼、そんなに柔らかそうにみえないんですよ。
タイプとすると、町田樹くんに似てるかなあ。。と思いました。(あれ?町田くんに失礼な言い方?^^)

ss04.jpg

スパイラルなんか、体が一直線!
もう、こんなると、体がどうなってるのかわかりませんよねえ・・(笑)
ビールマンも、悔しいけど羽生くんよりキレイかなあ。。と思いました。

あとね、ちょっと気に入ったポーズが、インカ帝国の神様みたいに、
開脚して体をひねる変なポーズ。
ほかのプログラムでもやっていたので、
この人のお気に入りのオリジナルポーズなんでしょうね^^


でもね、羽生くんと対照的だな・・と思ったのが、
この人は、一切無表情。。
だけどね、その変らない表情から、何か強烈なメッセージがガンガン伝わってくるの。。。

こんなに魅力的なスケーターが、現役を引退してしまっているなんて・・・
すごく残念な気がしましたが・・・
やっぱり、スケート大国、カナダにはいいスケ-ターがいっぱいいるのですね。

はあ・・・それにしても、シーズン、終わりました。。
これから、羽生くんを見れない半年間、どうやって過ごして行ったらいいんでしょう??


長文、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

まろり〜な

フィギュアって「銀盤の華」と言われるだけあって華やかで美しくて素晴らしい世界!
でも選手達は皆、血が滲むような努力をしていますよね・・・
スポーツに怪我は付きものですが、じっくり治して次に挑んで欲しいです。
by まろり〜な (2013-03-26 09:20) 

のも。

>まろさん、ありがとうございます♪
フィギュアって、見てるだけだと、軽やかで楽しそうに見えるけど、
トレーニングや練習は、他のスポーツに劣らず過酷なんですよね。
是非、羽生選手には、オリンピックに向けて、
悔いの残らないようにしてほしいです。。

>ともちさん、nice!ありがとうございました^^

by のも。 (2013-03-26 22:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。